ファンデーションなどのメイク化粧品が、毛穴に詰まってしまう事ってありますよね。

 

化粧の色にもよりますが、白や黒のポツポツが小鼻のあたりに目立ってしまったり。。。

 

それをファンデーションで隠そうとしたりすると「化粧落ち」「化粧浮き」などで、また目立ってしまったり。

 

さらに、放置しておくと、ニキビや毛穴の黒ずみにつながってしまったりします。

 

ここでは、

  • 化粧が毛穴に詰まった場合の対処法
  • 間違った対処法(当てはまる人は注意!)
  • 化粧が毛穴に詰まりやすい人の毎日のお手入れ

などについてお話していきます。

 

化粧が毛穴に詰まる場合の対処法とは?

蒸しタオルで詰まった化粧を落としやすく

まず、すぐに簡単に出来るものとして、蒸しタオルを顔に当ててから洗顔するという方法です。

 

蒸しタオルで温めることで肌が柔らかくなって、毛穴の詰まりが取りやすくなります。

 

蒸しタオルの作り方は、水で濡らした後に絞ったタオルを電子レンジで30秒くらいチンします。

 

クレンジング後に、蒸しタオルを顔の毛穴が気になる部分にあてて、毛穴を開きましょう。

その後、洗顔すれば、毛穴に詰まった角質・皮脂・化粧が落ちやすくなりますよ。

 

注意点としましては、

・レンジでチンした後のタオルが熱すぎる場合は、冷ましてから。やけどに注意ですね。

・蒸しタオルを顔に当てる時間は数分が目安。長時間になると肌が乾燥してしまうことがあります

 

酵素洗顔で毛穴の詰まりを分解する

毛穴が詰まってしまったら、酵素が配合された洗顔料を使ってみるといいかもしれません。

 

毛穴の詰まりの成分は、主にタンパク質なのです。

パイン酵素、パパイン酵素などの酵素が配合された洗顔料にはそのタンパク質を分解する働きがあるのです。

 

ピーリング洗顔料を使う

その他、ピーリングで毛穴の詰まりを取り除く方法もあります。

ピーリングにも色々な方法があるのですが、ピーリング石鹸など、ピーリング用の洗顔料が販売されているので、試してみると良いかもしれません。

 

ここで、注意して頂きたいのは、酵素やピーリングは肌への負担がとても大きくなりやすい、という点です。

使用方法や頻度を守らないと、かえって肌トラブルを引き起こしかねませんので気を付けてください。

 

とくに、敏感肌の方は注意しましょう。

また、酵素やピーリングで洗顔した後は、保湿も忘れずに。

 

どうしても詰まった化粧品が取れない場合は?

自分でいろいろ試してみても改善できない場合は、専門家に相談するのも1つの手段です。

エステや美容皮膚科では、自分ではできないケアをしてもらえ、肌のターンオーバーを改善することができます。

ピーリングなどは、肌に負担が掛かることも多いので、肌の状態に合わせて専門家に施術してもらった方が安心なこともありますね。

 

これをやるとかえって悪化するかも!?

間違った対処法とは、無理に毛穴詰まりを取ろうとして肌を傷つけてしまうことです。

 

具体的には、

  • ピンセットや爪で角栓を取ったり、
  • 毛穴パックをやり過ぎたり

などですね。

 

角無理矢理に角栓を取って肌が傷ついてしまうと乾燥・肌荒れが生じてしまいます。

すると、かえって毛穴が詰まりやすくなったり、ニキビが発生したり、、、いいことはありません。

 

化粧(メイク)が毛穴につまる根本原因は皮脂と乾燥

そもそも、どうして化粧が毛穴に詰まってしまうのでしょうか?

原因について確認しておきましょう。

 

そうしないと、

  • いつまでも毛穴に化粧が詰まってしまったまま、
  • 取ってもまた詰まってしまう、

という事態になりかねません。

 

皮脂の過剰分泌

原因としては、まず皮脂の過剰な分泌が挙げられます。

 

皮脂が過剰分泌されると、皮脂とメイクや角質が混ざって、毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

また、毛穴から分泌される皮脂によって毛穴が広がり、そこへ化粧が入り込んでしまうこともあります。

 

その結果、毛穴に角栓として詰まってしまうというわけですね。

 

乾燥すると

肌が乾燥して水分が足りなくなってくると、その乾燥を抑えるため、皮脂の分泌が促進されることがあります。

インナードライといわれる症状ですね。

その結果、前述のように毛穴が詰まりやすくなってしまう場合が考えられます。

 

また、肌は乾燥することで、柔らかさを失い、硬くなっていきます。

開いた毛穴の周りの肌が固くなると、やはり毛穴にメイクや古い角質が蓄積されてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌や乾燥を改善するためには、化粧水や美容液なども利用して、肌に十分な水分を与えて保湿することが大切です。

 

また、分泌された皮脂を油取り紙などでこまめにふき取って、水分と油分とのバランスを調整することも大切になってきます。

 

普段のお手入れで気を付けてほしいこと

クレンジングを見直す

毛穴に詰まった角栓を直接的に取る方法ばかりを探してしまいがちですが、やはり第1にクレンジングを見直すようにしましょう。

毎日のメイク汚れが残ったままだと、仮に角栓を除去しても、すぐに詰まってしまいます。

 

また、クレンジングと併せて毎日の洗顔も見直すとよいですね。

洗顔がきちんとできていないと、古い角質が溜まってしまい、皮脂と混ざって毛穴に詰まります。

 

化粧汚れと肌の汚れは異なるものなので、クレンジング・洗顔の両方を見直すことが美肌への第一歩といえるでしょう。

 

しっかり保湿しましょう

肌が乾燥してしまうと、水分と油分のバランスが崩れるため、皮脂の分泌が過剰になります。

 

その結果、油分と混ざった化粧が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

 

これを避けるためにも、化粧品や美容液での保湿も大切になってきます。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたスキンケアを使うのもおすすめです。

 

毛穴が詰まると生じるトラブル

毛穴落ちでポツポツが目立つ・・

毛穴にファンデーションが詰まりやすい方は、いわゆる「毛穴落ち」という現象になってしまいます。

 

毛穴落ちというのは、過剰な皮脂分泌などによって毛穴が広がることが1つの原因です。

 

広がった毛穴にファンデーションが入りこんでしまうのが、毛穴落ちですね。

すると、毛穴をファンデーションで隠そうとしても、かえってプツプツと目立ってしまったり。。。

 

毛穴に詰まった化粧を放置すると?

詰まった毛穴をそのまま放置していると、単に毛穴が目立ってしまうだけでなく、さまざまな肌の悩みが引き起こされる可能性もあります。

 

ニキビができやすくなりミカン肌に

毛穴の詰まりはタンパク質ですので、場合によってはニキビ菌(アクネ菌)のエサになり、赤ニキビができやすくなってしまいます。

さらに放置していると、化膿して黄ニキビになることもあります。

最悪の場合、ニキビの症状が治まった後も、肌に凸凹のクレーターが残ってしまい、ミカン肌につながってしまいます。

 

黒ずみやイチゴ鼻に

毛穴の詰まりは、やがて酸化して黒く変色します。

これにより、額や顎のラインが黒ずんでしまったり、鼻に黒いポツポツが出来てしまったりします。

 

さいごに

以上、化粧が毛穴に詰まる場合の対処法についてご紹介しました。

やはり根本的には、普段のクレンジング・洗顔を見直すことが大切です。

 

毛穴ケアができるクレンジングとしては、フルリのクリアゲルクレンズをおすすめしています。

>>クリアゲルクレンズの公式ページ<<

皮膚科医とエステティシャンが毛穴ケアのことを考えて開発したクレンジングです。